現金感覚で日常の買い物を VisaやJCB、デビットカード普及に注力 (1/2ページ)

2016.2.27 06:56

Visaデビットカードを使って支払いをする客(手前)=東京・お台場の「ナナズグリーンティー」(画像の一部を加工しています)

Visaデビットカードを使って支払いをする客(手前)=東京・お台場の「ナナズグリーンティー」(画像の一部を加工しています)【拡大】

 買い物で使うとすぐに銀行口座から代金が引き落とされるデビットカード。後払いでなく現金感覚で使え、欧米ではクレジットカードと並ぶ支払い方法として定着しているという。日本ではまだなじみが薄いが、2020年の東京五輪に向けて電子決済の比率を高めたい政府の意向もあり、VisaやJCBといった国際ブランドのカード会社が普及に向け力を入れている。

 東京・お台場の「ダイバーシティ東京プラザ」。抹茶味のパフェなど和風スイーツやドリンクを提供する「ナナズグリーンティー」は客の約8割が外国人観光客。「外国人のお客さんは数百円の買い物もカードで払う人が圧倒的に多い」と平沼幸恵店長。同店はVisa、JCBのデビットに対応しており、利用する客は多いという。

 1月のある日、仕事の途中でこの店に立ち寄った都内の20代の男性会社員は抹茶ラテを注文し、Visaデビットで支払った。このカードを持ったのは1年半前。以前はクレジットで買い物をすることが多かったが、「後で支払い明細を見てびっくりすることが多く、生活費を管理しようと思った」のがきっかけという。

 デビットカードは預金口座残高の範囲内しか使えないので使い過ぎを心配しなくていい。スマートフォンなどで利用明細も確認できる。

 男性は、洋服など比較的高額の商品はクレジットで、日常の昼食やコンビニの買い物はデビットで支払うよう使い分けている。「銀行口座の残高を常に意識するようになった。財布に小銭がたまらないのもいい。友人にも利用を勧めている」と話す。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。