スマホやパソコン…世界競争の予兆 アップル副社長が大阪を初視察 (1/4ページ)

2016.2.27 17:03

 米アップルのブライアン・クロール副社長が、大阪のアップルストア心斎橋で産経新聞の取材に応じ「大阪には、より多くのユーザーを獲得できるチャンスがある」と強調した。米本社の役員が大阪を視察するのは初めて。2015年10~12月期には、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の世界販売台数が前年同期比0・4%増と、過去最低の伸び率にとどまった。日本でもスマホ市場の成長が頭打ちとなるなか、スマホとパソコンを組み合わせた顧客基盤の拡大に今後の成長の糧を求める戦略が透けてみえる。(石川有紀)

 パソコン乗り換えを強化

 「アイフォーンをきっかけにパソコンのマックユーザーを増やしたい」

 1月28日、アップルストア心斎橋を視察したクロール副社長は、パソコンへの乗り換え需要に意欲を示した。

 調査会社、MM総研の国内携帯電話出荷概況によると、昨年のアップルの日本での販売台数はアイフォーン発売以来初めて前年を下回った。アイフォーンによる急成長に陰りがみえるなか、次の一手が求められている。

それでも、日本のスマホ市場でのアップルの存在感は大きい

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。