【フロントランナー 地域金融】玉島信用金庫長尾支店・岡本輝雄支店長(2) (1/2ページ)

2016.3.2 05:00

玉島信用金庫長尾支店

玉島信用金庫長尾支店【拡大】

 ■変化見逃さずタイムリーに提案

 融資推進において、情報の活用を大きなテーマに揚げる玉島信用金庫長尾支店の岡本輝雄支店長は、不動産情報の収集も重視している。

 同支店の営業エリアは大規模な住宅地の開発は落ち着いたが、まだまだ人口が流入している地域。10区画程度の小規模宅地開発や商業施設へのテナントの出店、新規開業などが続いている。このため、岡本支店長は「外回りを行う営業係には、移動中にも常にアンテナを高く張り、エリア内の変化に気を配るよう促している」という。

 変化があった場合には、近隣住民へのヒアリングや役所などでその詳細を確認。宅地開発を行っている住宅業者や新規出店する事業者にコンタクトをとる。工事が進んでいるのであれば、当該工事にかかる資金手当ては済んでいるはずだが、宅地開発であれば住宅ローンの紹介に新規出店であればその後の事業資金の相談につなげられるようアプローチを進めていく。

 こうした開拓活動では、融資役席が力を発揮。昨年まで本部の融資開拓チームに所属していた同担当者と営業係を同行訪問させ、OJTで開拓のノウハウを学んでもらう。経験豊富な融資係との同行訪問で、営業係が集めた情報をタイムリーな提案へと結び付けている。

 また、事業先への訪問活動では、補助金・助成金や各種セミナーの案内などの情報提供にも力を入れている。

 中でも補助金・助成金の案内は、“スピード勝負”というのが岡本支店長の考え。いち早く情報を提供し、まずは取引先の反応を確認する。相手が興味を示すようであれば、すぐに本部の専担部署と連携して申請手続きのサポートを行っていくという。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。