NTT5社 災害時の石油供給で石連と情報共有へ

2016.3.2 17:33

 NTT、NTT東西地域会社、NTTドコモなどNTTグループ5社は2日、災害時に通信設備用電源の燃料を確保するため、石油連盟と情報共有に関する覚書きを交わしたと発表した。大規模災害時に、政府が行う石油の緊急供給要請に基づいて、石連加盟の石油元売り会社からNTTグループの通信サービス復旧に必要な石油供給が円滑に行われるよう取り決めた。電力、鉄道など約80社に上る指定公共機関では初めての締結となる。

 NTTグループ各社は5年前の東日本大震災で発生した大規模停電の際、通信設備の復旧に必要な非常用発電機の燃料が確保できず、通信が長期間途絶した。石油の優先供給契約は交わしていたが、タンクローリーのホース口と貯蔵タンクの注入口が合致しないなど、情報伝達の不備が復旧を遅らせる原因の1つだったため、綿密な情報共有を図ることにした。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。