スズキ「ワゴンR」など161万台大規模リコール 走行中エンストの恐れ

2016.3.3 16:17

 スズキは3日、エアコンのコンプレッサに不具合があるとして「ワゴンR」「アルト ラパン」「パレット」など6車種、計161万6125台のリコールを国土交通省に届けた。最悪の場合、走行中にエンストする恐れがあるという。対象車には日産、マツダ向けに製造した車両も含まれる。

 国交省によると、エアコンのコンプレッサにおいて、オイルの充てん量が不適切なため、エアコン使用時に潤滑が不足することがあるという。そのまま使用を続けると内部が焼き付いてコンプレッサがロックし、エンジン回転数が低下時に走行中エンストすることがあるという。

 これまでに不具合件数245件が報告されている。事故の報告はない。

 リコール対象車は2008年1月9日から2015年5月18日の間に製造された、スズキの「ワゴンR」「アルト ラパン」「パレット」のほか、OEMで供給している日産「ルークス」、マツダ「AZ-ワゴン」「フレア ワゴン」の計6車種、計12型式となる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。