米当局、タカタ製の全体リコール否定 対象個数が約4倍に…

2016.3.3 13:14

 米当局が、ガス発生剤に硝酸アンモニウムを使ったタカタ製エアバッグ全体をリコール(無料の回収・修理)対象とするのに否定的な考えを示したことが2日、分かった。米道路交通安全局(NHTSA)のローズカインド局長が、リコール拡大を求めたネルソン上院議員への書簡に記した。

 硝酸アンモニウムはエアバッグが異常破裂する欠陥原因の一つとされる。ただ、硝酸アンモニウムを使用した全てのエアバッグをリコール対象とした場合、米国で最大1億2千万個程度と、対象個数が従来の約4倍に膨らむと報じられていた。

 ローズカインド局長は書簡で、全てをリコール対象とした場合は「修理用部品の供給で新たな問題が生じて、消費者の不安が高まる」と懸念を表明した。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。