「プリウス」3カ月連続トップ 2月新車乗用車販売 トヨタ勢でワンツー

2016.3.4 15:50

快走を続ける4代目「プリウス」
快走を続ける4代目「プリウス」【拡大】

  • トヨタが12月9日に発売した4代目「プリウス」
  • 新手法「TNGA」によって低重心化や高剛性を実現した新型プリウスの骨格

 2月の新車乗用車販売台数(日本自動車販売協会連合会)は、トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」が前年同月比44・9%増の1万9010台となり、3カ月連続でトップとなった。プリウスは昨年12月に4代目となる新型モデルが投入され、好調な売れ行きを維持している。

 上位10車種はトヨタ勢が半数を占めた。上から、「プリウス」、「アクア」、「フィット」、「ノート」、「シエンタ」、「ヴォクシー」、「エクストレイル」、「ヴェゼル」、「カローラ」、「セレナ」の順となった。燃費性能に優れたハイブリッド車が売れ筋となっている。

 トップ30車種でみると、「ステップワゴン」や「エスクァイア」などのミニバン、「ハリアー」や「CX-5」などのSUVが健闘。一方、セダンやスポーツカーは苦戦が続いている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。