東芝に2000億円追加融資 主力取引銀行と調整 リストラ費用

2016.3.4 05:50

 東芝が主力取引銀行から2000億円規模の追加融資を受ける方向で、調整を進めていることが3日分かった。同社は約1万人の人員削減など大規模リストラを計画しており、割り増し退職金といった費用の一部を追加融資で賄う。

 三井住友銀行、みずほ銀行、三井住友信託銀行の取引行3行から、今月中にも借り入れる。東芝は同日、「必要な場合の追加融資について、主要取引銀行と協議しているが、決定したことはない」とコメントした。

 昨年9月末、東芝は主力行との間で4000億円の融資枠契約を締結。これは資金繰り悪化に備える目的があり、今回の追加融資は2480億円に上るリストラ費用を捻出するために必要とみられる。

 東芝は2016年3月期の最終赤字が7100億円と過去最悪となる見通し。

 財務状況の悪化が深刻で、医療機器子会社の売却などで対応する方針だ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。