高性能ドローン続々投入 障害物回避、超軽量化…中仏メーカー、商戦過熱 (1/2ページ)

2016.3.4 06:33

障害物を回避できる新型のドローン「ファントム4」を発表したDJI日本法人の呉韜社長=3日、東京都港区(後藤徹二撮影)

障害物を回避できる新型のドローン「ファントム4」を発表したDJI日本法人の呉韜社長=3日、東京都港区(後藤徹二撮影)【拡大】

 小型無人機「ドローン」の商戦が過熱しそうだ。昨年12月に人口密集地などでの飛行を禁止する一般的なルールが定められる一方で、政府が宅配サービスでの実用化などに向けた規制緩和に前向きな姿勢を示している。メーカー各社は、障害物を避けて飛ぶ機能を強化したり、軽量化を進めるなど開発競争を繰り広げている。

 ドローン世界最大手の中国・深セン市大疆創新科技(DJI)が3日公開した一般消費者向けの新製品「ファントム4」は、専用アプリ(応用ソフト)がダウンロードされたスマートフォンやタブレットを触って地上から遠隔操作する仕組みだ。

 2つの光学センサーを搭載し、障害物を感知して自動で避けながら被写体を追尾できる。被写体の動きに合わせて、カメラを動かすことも可能だ。モーターの省エネ性能を改善したほか、バッテリー容量も従来機種の約1.2倍に拡大し、1回の充電での飛行時間は最大28分に達する。

 上級者向けの「スポーツモード」を選ぶと、時速72キロで飛行可能。「一時停止」のボタンを押せば、静かに前進を停止し、空中でホバリングさせることもできる。1日にネットで予約受け付けを開始しており、15日から順次出荷する。価格は18万9000円。

仏パロットも今月下旬に新製品「ビーバップ2」(7万2900円)を発売

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。