【トップは語る】画像診断装置でビッグ3に追いつきたい (1/2ページ)

2016.3.5 05:00

 □東芝メディカルシステムズ社長・瀧口登志夫さん(57)

 --現在の事業戦略は

 「まず、画像診断装置で、米ゼネラル・エレクトリック(GE)、独シーメンス、オランダのフィリップスの『ビッグ3』に追いつくという目標がある。成長戦略は3つあり、一つは画像情報を使って、体への負担を軽くする治療領域を伸ばしたい。もう一つは、ITの進化に対応したサービスを強化する。あとの一つ、今後はバイオテクノロジーの時代になると見ており、試薬で病気を診断する領域に力を入れたいと考えている」

 --画像診断装置全体で、世界シェア4位ですが、どの装置を伸ばしたいのか

 「コンピューター断層撮影装置(CT)は、16センチ幅を1回転で撮影でき、被曝(ひばく)量も少ない320列タイプの機種を他社よりも早く投入し、評価をいただいている。現在世界シェア2位(同社調べ)だが、1回転で撮影できる範囲を広げる技術で、1位を目指したい。超音波装置は3位でX線の血管造影装置は4位だが、診療領域を広げればビッグ3に追いつける。課題は磁気共鳴画像装置(MRI)で、臨床現場の課題を積み上げて成功したCTの開発モデルを適用し、魅力的な装置を早く作りたい」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。