最新「ランドクルーザー」の走りは王者の風格にふさわしいか? (1/3ページ)

2016.3.6 17:11

 欧州勢を中心としたダウンサイジングターボ化の流れは、大型SUVにも及んでいます。たとえば、5mに迫る全長の新型ボルボXC90は、2.0Lの直列4気筒ターボ(スーパーチャージャー付)でその巨体を動かすという、ダウンサイジングターボの典型例といえそう。

 一方で、大排気量NAエンジンの余裕のある豪快な加速がたまらないという声も聞こえてきそうです。

 レクサスLXの5.7L V8(377ps/534Nm)には及びませんが、ランドクルーザーの4.6L V8(318ps/460Nm)でも十分に大排気量NAエンジンらしい魅力が味わえます。

 6ATにとどまるトランスミッションなど、基本設計の新しい最新モデルと比べると、数字上は見劣りする点もありますが、2.7tに迫る車両重量(ZXグレード)でも低回転域から十分なトルク感が得られます。さらに、そのまま滑らかに回っていくパワーは、まさにギッシリと詰まった感じで、加速フィールも上質そのもの。

高速域の巡航時もスムーズな加速、そして6段ATもとくに大きな不満を…

clicccar クリッカー

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。