【フロントランナー 地域金融】玉島信用金庫長尾支店・岡本輝雄支店長(3) (1/2ページ)

2016.3.7 05:00

 ■事業者の悩み、即フィードバック

 取引先への定期訪問と適切な情報提供はさまざな形で営業活動に役立つ。玉島信用金庫長尾支店が補助金・助成金の情報提供をしたある製造業者は、生産効率の高い機械を導入するため、「ものづくり補助金」を申請した。残念ながら不採択となったが、申請にあたり機械を導入する効果について詳細に話し合っていたため、同社は「いままで通りでは売り上げの減少は避けられない。借り入れをしてでも導入に踏み切るべきだ」と決断。結果として設備資金の融資につながった。

 補助金などの申請にあたって資金計画をまとめる際、事業者は「この機械を使うと、どれだけ生産性が向上するのか」「この設備を最新のものに入れ替えると、どれだけ経費が削減できるのか」などを真剣に考える。金融機関は、申請手続きのサポートを行うことによって、その後の事業展開を一緒に考えることができるため、必要資金の融資へと結びつくケースがあるわけだ。

 発展の続く長尾エリアは、地価も上昇傾向にあり、相続対策に頭を悩ませる顧客も少なくない。区画整理事業の際に行われたアパート・マンション建設の中にも、相続対策を目的としたものが多かったが、時間の経過とともに対策の効果が薄れているオーナーもいる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。