フジの永島優美、宮司愛海両アナが新たな「朝の顔」宣言 「めざましテレビ」

2016.3.7 17:11

フジテレビの4月改編記者会見に出席した永島優美(左)と宮司愛海の両アナウンサー=7日、東京都港区(三品貴志撮影)

フジテレビの4月改編記者会見に出席した永島優美(左)と宮司愛海の両アナウンサー=7日、東京都港区(三品貴志撮影)【拡大】

  • フジテレビの4月改編発表に登場した永島優美アナ(左)と宮司愛海アナ=7日、東京・台場(箱崎宏子撮影)

 フジテレビの永島優美、宮司愛海の両アナウンサーが7日、同局の4月改編記者会見に出席し、4月から新たな「朝の顔」を務める平日朝の情報番組「めざましテレビ」への意気込みを語った。

 永島アナは、4月1日付で番組を卒業する加藤綾子アナの後を継ぎ、「めざまし」のメーンキャスターに就任。宮司アナは、永島アナがこれまで担当していた情報キャスターを務める。

 永島アナは「画面から『風』を感じてもらえるようなパワフルさをお届けできたら。朝の時間がもっと楽しくなるように、笑顔いっぱいで頑張りたい」と力を込め、宮司アナも「どんなことやどんな方にも愛を持ち、愛いっぱいの『めざましテレビ』を作っていきたい」と決意を語った。

 同局は4月から、平日は早朝の「めざましテレビアクア」から夕方の「みんなニュース」まで15時間を生放送化する。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。