キヤノン、医療分野を強化 MRIやCT 新たな成長の柱に

2016.3.10 06:25

 東芝メディカルシステムズの売却先として独占交渉権を得たキヤノンは、世界的に市場が縮小するデジタルカメラ、複合機に次ぐ新たな成長の柱を模索し、積極的にM&A(企業の合併・買収)を進めている。成長エンジンの一つとして期待する医療分野においては成長途上で、東芝メディカル買収を機に一気に拡大を目指す。

 キヤノンは、年率2割の成長をしている監視カメラを新たな成長エンジンと位置付け、昨年には3300億円を投じて世界最大手のアクシス(スウェーデン)を買収した。

 その一方で医療事業の強化も重点課題で、眼科領域の検査装置を手掛けるほか、昨年には、傘下のキヤノンバイオメディカルが遺伝子検査薬の販売を開始。痛みのない乳がん検査ができる超音波診断装置の開発も進めているが、東芝メディカルが得意とする磁気共鳴画像装置(MRI)やコンピューター断層撮影装置(CT)は手掛けておらず、事業規模はまだ小さい。

 このため、東芝メディカル買収については「千載一遇のチャンス」(田中稔三副社長)と前向きな姿勢を示していた。自社が持たない分野を補い、相乗効果を狙う考えだ。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。