三井物産、ミャンマーで肥料製造参画

2016.3.11 05:00

 三井物産は10日、シンガポールの肥料販売大手のベンメイヤー、ミャンマー・アグリビジネス・パブリックコーポレーション(MAPCO)と連携し、ミャンマーで肥料製造事業に参画すると発表した。

 三井物産とベ社が月内にシンガポールに投資会社を設立。投資会社とMAPCOがミャンマーに、肥料製造・販売の新会社、アグリ・ファーストを4月にも設立する。新会社の総事業費は約12億円で三井物産の投資額は最大で6億円の見通し。

 工場はヤンゴン近郊のティラワ工業団地に建設し、2017年5月から生産を開始。早期に年間10万トン体制を確立し、約80億円の売り上げを目指す。

 三井物産とMAPCOは、ミャンマーで精米事業を共同展開しており、13年から肥料事業の事業化調査に着手。15年に東南アジアで最大級の肥料製造販売のベンメイヤーと3社での共同展開を模索していた。

 農業国のミャンマーは日本の約2.8倍の農地があり、年間約100万トン超の肥料需要があるが、現在は輸入に頼っている。ミャンマーで肥料製造の認可を取得した事業は今回が初めて。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。