JR常磐線の富岡-浪江間、18日から復旧工事

2016.3.11 11:29

JR常磐線の橋脚の補修に向け測量する作業員=6日午後、福島県浪江町

JR常磐線の橋脚の補修に向け測量する作業員=6日午後、福島県浪江町【拡大】

 JR東日本は10日、東京電力福島第1原発事故などの影響で不通が続く常磐線の一部区間のうち、帰還困難区域を含む富岡(福島県富岡町)-浪江(同浪江町)間について、平成32年3月までの運転再開を目指し、18日から復旧工事を始めると発表した。

 JR東は、竜田(福島県楢葉町)-富岡間など常磐線の他の不通区間について、29年末までの再開を目指している。富岡-浪江間の再開で、常磐線は全線開通する。

 まず工事を始めるのは、地震で崩壊した「第1前田川橋りょう」(福島県双葉町)。除染や崩れた盛り土の復旧、電柱の建て替え、駅舎の修繕なども順次進める。除染で出た放射性廃棄物は、国などと連携して保管、処分するという。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。