公募投信、2年8カ月ぶりに流出超過

2016.3.12 05:00

 投資信託協会(東京)が11日発表した2月の投資信託概況によると、一般投資家が購入できる公募投資信託は、設定額から解約・償還額を差し引いた金額は4645億円の流出超過となった。流出超過となったのは2013年6月以来2年8カ月ぶり。資金流出額の規模としても、リーマン・ショック時の08年10月(7439億円)以来7年4カ月ぶりの大きさとなった。日銀のマイナス金利政策導入で債券の利回りが急低下し、短期国債などで運用する投資信託のMMF(マネー・マネジメント・ファンド)の資金流出額が急拡大。株式投信も、株価下落で資金流入額が通常月のほぼ半分に落ち込んだ。公募投信の純資産総額は前月より4兆6667億円少ない88兆8597億円。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。