水素活用しフォークリフト動かす CO2を80%以上削減 トヨタや自動車などが秋から実証実験 (1/2ページ)

2016.3.14 21:20

トヨタ自動車や東芝などは今秋から神奈川県で、風力発電で製造した水素を燃料電池フォークリフトに供給する実証実験を開始する=14日、横浜市西区(黄金崎元撮影)

トヨタ自動車や東芝などは今秋から神奈川県で、風力発電で製造した水素を燃料電池フォークリフトに供給する実証実験を開始する=14日、横浜市西区(黄金崎元撮影)【拡大】

  • 実証プロジェクトで使用する燃料電池車のフォークリフト(手前)。後方は水素を運搬するためのトラック=14日午後、横浜市

 トヨタ自動車や神奈川県など6者は14日、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出が極めて少ない水素の供給網構築に向けた実証実験を、今秋から開始すると発表した。風力発電で得た電力を元に水素を製造し、燃料電池フォークリフトに供給する。政府は2020年の東京五輪で「水素社会」の実現に向けた先端技術を世界にアピールする方針で、次世代エネルギーの活用に向けた実証実験は今後も広がる見通しだ。(黄金崎元)

 「水素社会の実現には安定的な供給網が重要になる。神奈川県での取り組みを日本各地のモデルケースにしたい」

 同日、横浜市で会見したトヨタの友山茂樹専務役員は、低炭素の水素を活用する実証プロジェクトに向け、こう意気込む。一昨年、燃料電池車「ミライ」を発売したトヨタは、水素社会の実現に向けたフロントランナーだ。

 環境省の委託事業として行う実証実験は、神奈川県やトヨタのほか横浜市▽川崎市▽東芝▽岩谷産業-の6者が協力して実施する。燃料電池フォークリフトや大型蓄電池をトヨタが、水素の製造プラントは東芝が提供する。また、岩谷産業は水素の貯蔵装置などを提供する。各社が強みとする分野を持ち寄り、供給網を構築するという。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。