第一生命、16年度採用1000人 上場後最多、日生上回る見通し

2016.3.14 06:28

 第一生命保険が2017年春を中心とする16年度の新卒採用を前年度比2割増の900人に増やす。中途も含めた採用人数は約1000人を計画しており、10年度に上場を果たして以来、最多となる。業務の多様化、拡大に対応するのが狙い。最大手の日本生命保険の採用人数を上回るもようだ。

 企業や官公庁を担当する「総合営業職」を60人増やし500人の採用を計画している。4月から周南(山口県)、久留米(福岡県)、新潟、静岡などに営業拠点を新設し、国内事業の強化に合わせる。企業のセキュリティー強化で得意先への出入りが難しくなっていることから、地元に強いネットワークを持つ出身者を積極的に採用する。

 このほか、米中堅生保プロテクティブ生命を子会社化するなどして海外事業を広げており、グローバル人材として留学生や海外の大学の卒業生ら20人の採用を計画している。

 採用に向けて、「売り手市場」「就職活動の短期化」に対応するため、会社説明会の会場を約2倍の45支店に増やす。会社の理解度を深めてもらうため、学生との接点を専属で担う若手社員の数も3倍の120人に増やした。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。