ドコモと東大が糖尿病患者向けアプリ 臨床研究を開始

2016.3.14 18:46

 NTTドコモと東京大は14日、遺伝的体質や生活習慣が原因とされる2型糖尿病の患者や「予備軍」を対象にした米アップルのスマートフォン、アイフォーン向けアプリ「グルコノート」を使った臨床研究を始めたと発表した。毎日の血糖値や運動量、食事などの情報をアプリに登録し、生活習慣の改善につなげる。米グーグルのOS「アンドロイド」向けアプリも配信予定という。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。