ベンツCクラス、新型クーペ発売 「部分自動運転」を採用

2016.3.15 05:50

メルセデス・ベンツ日本が発売した新型Cクラスクーペ=14日、東京都港区
メルセデス・ベンツ日本が発売した新型Cクラスクーペ=14日、東京都港区【拡大】

 メルセデス・ベンツ日本は14日、主力の「Cクラス」から2ドアの新型クーペを発売した。アルミなどを使った軽量なボディーの一部に専用設計を施し、デザイン性を向上。先行車両や車線を検知して自動で加減速しハンドル操作を助ける「部分自動運転」も採用し、安全性を高めた。

 新型はCクラスのクーペとして2011年10月以来、約4年半ぶりの全面改良となる。排気量1600ccクラスの直噴ターボエンジンを搭載して燃費は1リットル当たり14.9キロと、従来モデルから約1割改善した。希望小売価格は547万~585万円。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。