世界最小級のレーザー光源 島津製作所、2種類のモジュール開発 (1/2ページ)

2016.3.15 06:03

一円玉よりも小さな世界最小級の3原色半導体レーザー光源モジュール=14日、東京都中央区の大阪大学医学・工学研究科東京ブランチ

一円玉よりも小さな世界最小級の3原色半導体レーザー光源モジュール=14日、東京都中央区の大阪大学医学・工学研究科東京ブランチ【拡大】

 島津製作所は14日、大阪大学光科学センターなどと共同で最先端の可視光半導体レーザー技術を使った2種類の3原色レーザー光源モジュールを開発したと発表した。一つは赤、緑、青ともに10ワット超の高出力が特徴の世界最高級の輝度を持つタイプ。もう一つは主要部の容積が0.5立方センチメートルと世界最小級という。

 LED(発光ダイオード)の光よりも高輝度で直進性に優れており、大型テレビやプロジェクター、車の前照灯、眼鏡型のヘッドマウントディスプレーなどへの応用が見込まれる。

 複数の半導体レーザー素子から発せられた光を多重合成して直径200マイクロ(1マイクロは100万分の1)メートル以下の光ファイバーに送り込む島津の「ブルーインパクト」と呼ばれる独自技術を基に開発された。複数の家電メーカーなどで実証試験を行ったところ、「LED照明よりも明るさが9倍、省エネ性能も2倍確保されている」(山本和久・阪大光科学センター副センター長)。

大型プロジェクターの光源にレーザーが使われたものが普及し始めているが、輝度の低さが課題だった

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。