日本郵政社長に長門氏内定 ゆうちょ銀は田中副社長が代行

2016.3.15 11:44

 日本郵政は15日、入院中の西室泰三社長(80)が退任し、後任にゆうちょ銀行の長門正貢社長(67)が就任する人事を内定した。4月1日付。西室氏は2月8日の検査入院後、復帰のめどが立っておらず、任期の6月を待たずに交代することになった。

 現在、社長を代行している鈴木康雄副社長(65)ら4人の副社長はいずれも留任する。また、長門氏の日本郵政社長就任に伴い空白となるゆうちょ銀の社長は、当面、田中進副社長(56)が代行する。西室氏は6月まで取締役に留まる。16日に開く取締役会で正式に決める。

 日本郵政は、昨年11月に傘下のゆうちょ銀、かんぽ生命保険とともに東証一部に株式上場した。ただ、傘下2社の株式の追加売却など経営課題は山積しており、早期に新たなトップを据え、グループの新経営体制を整えることにした。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。