VWに4000億円損賠提訴 株価下落、日本企業名も

2016.3.15 08:34


【拡大】

 ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の株式を保有する278の法人株主が14日、排ガス規制逃れ問題による株価下落で多額の損害を被ったとして、同社に計約32億ユーロ(約4千億円)の損害賠償を求める訴訟をドイツ北部ブラウンシュワイクの地方裁判所に集団で起こした。南ドイツ新聞(電子版)が伝えた。

 同紙によると、原告には米国のカリフォルニア州公務員退職年金基金(カルパース)や日本の企業も名を連ねている。日本の企業については具体的な名前を報じていない。排ガス規制逃れ問題でVWに巨額の損害賠償を求めた訴訟はドイツでは初めてとしている。

 VWは規制逃れ問題が響き2015年7~9月期決算が大幅赤字となり、人員削減など抜本的なコスト削減を迫られている。今後も同様の提訴があるとみられる。(共同)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。