東芝が白物家電を中国・美的に売却 数百億円規模で最終調整 (1/2ページ)

2016.3.16 05:53

中国江蘇省南京の家電売り場に並ぶ美的集団の炊飯器=2015年11月(共同)

中国江蘇省南京の家電売り場に並ぶ美的集団の炊飯器=2015年11月(共同)【拡大】

 経営再建中の東芝が、洗濯機や冷蔵庫といった白物家電事業を中国家電大手の美的集団に売却する方向で調整していることが15日、分かった。売却額は数百億円規模になる見通し。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業によるシャープ買収にもみられるように、劣勢に回った日本の家電事業が、アジア企業の主導で再編されるケースが目立ってきている。

 白物家電を手掛ける子会社、東芝ライフスタイルの株式の大半を売却する。美的は東芝が販売網を持つ日本や東南アジアに販路を広げ事業拡大を目指す。両社は従業員の雇用やブランドをめぐる詰めの協議を急ぐ。

 東芝は15日、「他社との事業再編を視野に入れ、協議を行っているのは事実だが、現時点では個別企業と合意した事項はない」とのコメントを発表した。

 当初、東芝の白物家電事業は、官民ファンドの産業革新機構主導でシャープと統合する案が検討されていたが、シャープが鴻海傘下で再建を目指すことになり、海外メーカーへの売却に傾いた。2012年にはパナソニックが、買収した三洋電機の白物家電事業を中国のハイアールに売却している。

家電は、製造技術の高度化などで機能面での差別化が難しく

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。