新車販売見通し6・5%増 28年度、増税駆け込みで

2016.3.17 13:18

 日本自動車工業会(自工会)は17日、平成28年度の国内新車販売台数(軽自動車を含む)が27年度の見込みと比べ6・5%増の525万8400台になるとの見通しを発表した。29年4月に消費税率が10%に引き上げられると想定し、駆け込み需要を織り込んだ。前年度を上回るのは3年ぶり。

 27年度の販売台数は26年度実績比6・8%減の493万8800台を見込む。500万台の大台を割り込むのは4年ぶりとなる。

 16年度の見通しは、軽自動車、軽を除く自動車(登録車)ともに15年度を超えると推計した。軽自動車税の引き上げで苦戦した軽自動車は9・3%増の155万2千台。登録車は5・5%増の283万7千台になるとみている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。