ソニー、「仮想現実端末」10月発売 プレステ4対応4万4980円

2016.3.17 05:00

ソニーが発売予定のプレイステーションVR試作機。プレイステーション4につないで楽しむ(ブルームバーグ)

ソニーが発売予定のプレイステーションVR試作機。プレイステーション4につないで楽しむ(ブルームバーグ)【拡大】

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は15日、家庭用ゲーム機「プレイステーション4」に接続して利用する仮想現実(VR)端末を、日本を含む世界各国で10月に発売すると発表した。日本での価格は4万4980円(税抜き)で、米国では399ドル。

 ソニーによると、当初は6月までに発売するとしていたが、利用者などからの反響が大きく、発売時に用意する端末の台数や対応するゲームソフトを充実させるため、発売日を遅らせたという。

 競合する米フェイスブック傘下のベンチャー企業オキュラスVRが近く市販モデルを599ドルで発売する方針。ソニーは価格を抑えて顧客を引きつける戦略だ。

 利用するにはプレイステーション4が必要となる。ソニーによると、現在230社以上がVR端末に対応するソフトを開発しているという。(ニューヨーク 共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。