日立、TOBで不正か イタリア当局、株価操作の疑いで捜査

2016.3.17 09:59

 日立製作所によるイタリアの複合企業フィンメカニカ傘下の信号システム会社の株式公開買い付け(TOB)をめぐり、イタリア司法当局は16日、株価の不正操作の疑いなどがあるとして、フィンメカニカや日立の関係先の捜査に着手した。ANSA通信が報じた。

 ANSAによると、信号システム会社アンサルドSTSのTOBをめぐり、STSの株主側から買い取り価格が不当に安いとの申し立てがあり、イタリア証券取引委員会が価格の見直しを求めていた。イタリア財務警察は16日、ローマのフィンメカニカ本社や北部ジェノバのSTS本社、南部ナポリの日立の関係先を捜索した。

 日立は「あらゆる調査に全面的に協力する。進行中の法的な調査についてはコメントできない」との声明を発表した。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。