マイナス金利1カ月 金融機関苦慮、地銀経営厳しく (1/2ページ)

2016.3.17 21:18

 日銀が2月16日に導入したマイナス金利政策を巡り、収益悪化を懸念する金融機関が対応策を模索している。全国銀行協会の佐藤康博会長(みずほフィナンシャルグループ社長)は17日の記者会見で「マイナス金利そのものによる収益圧迫よりも、貸出金利が下がることのインパクトの方が大きい」と述べ、金利以外で稼ぐことの重要性を強調した。(米沢文)

 日銀が0・1%のマイナス金利を適用する資産は、最初の1カ月間で計23兆840億円に達した。金融機関が日銀に支払う手数料は約18億3千億円になる。

 ただ、銀行にとってより深刻なのは、長期間にわたって利ざやの縮小が続き、本業の貸し出しで稼ぎにくくなることだ。佐藤会長は「非金利収入で今まで(収益を)取れていないところがある。経営資源の配分をそこに集中させる」と述べ、気を引き締めた。大手行はM&A(企業の合併・買収)に絡むコンサルティングなど非金利収入や、海外事業に活路を見いだす。

 一方で、国内の預金を国内企業への貸し出しに回す預貸金収益の比率が高い地方銀行は、より厳しい経営を強いられる。米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の推計によると地銀の本業のもうけを示す業務純益は、マイナス金利によって平成28年度に15%吹き飛ぶという。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。