NTTなど煙の中を見る装置開発

2016.3.18 05:00

 NTTと東京理科大は17日、光と電波の中間の性質を持つ電磁波で照らすことで、煙で見通しのきかない場所にある物体を“見る”ことができる装置を開発したと発表した。

 火災で煙が充満した場所の救助活動への応用が可能になるという。開発した装置は、光と電波の中間の波長の電磁波で、煙に遮られることがない「テラヘルツ波」を束ねて強度を高めて照射する。煙で見えない物体を、この装置で照射し、専用のカメラで撮影することで、煙の中の物体を見ることができる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。