【クールジャパンの匠たち】優れたライフスタイルが世界を豊かに (1/3ページ)

2016.3.19 05:00

パリ中心部の古い街並みにあるアトリエ・ブランマント。5つの空間で優れた感覚に培われた日本独自のライフスタイルを提案する

パリ中心部の古い街並みにあるアトリエ・ブランマント。5つの空間で優れた感覚に培われた日本独自のライフスタイルを提案する【拡大】

  • アマゾンの伝統的な履物に着想を得たフットウエア「イグアナアイ」は、素足のような感覚で精神を解放する(C)TakashiMochizuki
  • (C)NobutakaSato

 □シーナリーインターナショナル代表・齋藤峰明

 自然と共生し、四季をめでる日々の営みを重ねて育まれた日本の優れた感性、繊細な心配りを秘めた知恵、精細を極めた技術を現代の社会に生かし、世界に向けた提案を行う。パリで1月にグランドオープンした「アトリエ・ブランマント」の総合ディレクターを務め、17世紀に建てられた貴族の館、最先端のアートやファッションを掲げたギャラリーやメゾンが立ち並び、格別の美しさを誇るマレ地区の街角から発信している。

 「まずフランスとドイツのデザイナーが日本の職人の工房に足を運び、ものづくりについての議論を重ねました。フランス人デザイナーは日本の木工技術に心を躍らせて奈良産のスギ材で独特のスピーカーを生み出し、ドイツのデザイナーは生地の木目が出るようにと、あえて美しく塗り重ねられた漆をはがし、漆器の素晴らしさ、神髄に新しい光を与えていました」

 ブランマントとは白いマントを意味し、真理を求道する志を象徴する。セーヌ川に近い都心の建物は5つの空間を備え、アカデミー、セレクトショップ、コミュニケーション、アーカイブなどの役割を担い、ブランド成長事業、ライフスタイル提案、技術や素材輸出などの事業を展開する。

 「アトリエとしたのは、さまざまな人々が出会い、現代の暮らしに即したグローバルな視点から日本独自の価値や知恵を生かした提案を継続的に行いたいという思いからです。職人もデザイナーも、それぞれに自らの価値観、世界観を持ち、互いの違いに驚きを覚え、敬意を払いながら、自らの仕事の意味や価値、独自性を発見、再認識して、新しいものづくりへと進んでいくのです」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。