トランスカナダ、米事業拡大 コロンビア・パイプラインを102億ドルで買収

2016.3.19 05:00

 カナダのパイプライン運営会社トランスカナダは、米コロンビア・パイプライン・グループを102億ドル(約1兆1300億円)で買収することで合意した。トランスカナダは買収合意により、コロンビアが所有・運営する2万4000キロの天然ガスパイプラインや地下の貯蔵・処理施設を得る。

 ボストンで両社の株式を保有するヘネシーガス・ユーティリティー・ファンドなど15億ドル規模の資産を運用するスキップ・エリズワース氏は17日「トランスカナダの持つ既存設備と補完的な取引だ。カナダで既に東西を結ぶパイプラインを所有し、新たに南北を結ぶパイプラインが加わる」と述べた。

 トランスカナダによるカナダと米国を結ぶパイプラインを利用する原油輸送計画「キーストーンXL」はこれまで遅れが出ていた。今回の買収に伴い、投資家によるトランスカナダに対する長期的な成長に関する懸念が和らぐ可能性が出てきた。

 今回の買収は、米パイプライン業界でM&A(企業の合併・買収)が増える中での合意だ。ブルームバーグによると、米パイプライン運営会社エナジー・トランスファー・エクイティは昨年9月、同業のウィリアムズを580億ドルで買収すると発表した。これは過去10年で最大規模だ。今年に入ってもこの業界で少なくとも23億ドルのM&Aが発表されている。(ブルームバーグ Rebecca Penty)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。