世界に響く“メード・イン・ジャパン” 日本人が思う以上に海外で高い評価 (3/5ページ)

2016.3.20 17:14

 コピーから出発

 日本の洋楽器づくりは、幕末に洋楽がもたらされたことに始まり、明治政府の欧化政策で発展した。手先の器用な日本の職人らが輸入楽器をコピーして生産したのが原点だ。

 ピアノは、木や金属の部品など約8千点で構成されており、生産技術の習得は一筋縄ではいかない。このため日本製のピアノは世界的には「安くて粗悪」という評判に甘んじていた。

 前身の日本楽器製造時代の明治33年にピアノ生産に本格的に乗り出したヤマハも外国人技師を招いたり、職人の養成所を設立して生産技術の向上に努力。世界的に長く定着していた日本製の楽器のイメージ脱却を目指してきた。

 ピアノ以外も人気

 メード・イン・ジャパンの品質が評価されている洋楽器はピアノにとどまらない。

精巧な作りによる安定した品質で世界の音楽業界で知られている

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。