ホンダやトヨタ、1人用乗り物の開発続々 「何あれ? 楽しそう」 (1/3ページ)

2016.3.21 08:20

実証実験として公道を走るトヨタ自動車の「ウィングレット」=茨城県つくば市

実証実験として公道を走るトヨタ自動車の「ウィングレット」=茨城県つくば市【拡大】

 1人で乗って手軽に動き回ることができる「パーソナルモビリティ(個人の乗り物)」の開発や利用が徐々に広がっている。トヨタ自動車やホンダなど大手企業が開発を進め、ベンチャー企業も市場開拓に乗り出した。高齢化や地球温暖化への対策になる乗り物として期待は大きく、中国など海外勢の攻勢も激しい。

 「何あれ? 楽しそう」「かわいい。乗ってみたい」。今月中旬、横浜市の商業施設内をホンダのパーソナルモビリティ「UNI-CUB(ユニカブ)」に乗った体験者数人が1列に並んで進むと、周囲の歩行者は熱い視線を注いだ。市が主催したイベント「ヨコハマ未来モビリティ展」の一コマだ。参加した市内在住の男性(58)は「安定していて安心して乗れた」と声を弾ませた。

 ユニカブは、前後に回転する大口径のタイヤで動く椅子状の「電動一輪車」。乗った人の体重移動を内蔵したセンサーで検知し、前にかがめば前進し、横を向けばタイヤに内蔵した横向きの車輪や旋回用の補助輪が動いて方向を変えていく。

 最高時速は6キロと早歩き程度だ。ヒト型ロボット「アシモ」の研究で培ったバランス制御技術で転倒を防ぐ。指導員は「体験者は小学生から80代まで幅広いが、約10分の練習でほぼ乗れるようになる」という。

「広い空間を動け、人混みの中でも使える便利な乗り物がなかった」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。