【ビジネスのつぼ】オークラ プレステージバンコク「アフタヌーンティー」 (1/4ページ)

2016.3.21 05:00

北海道のサクラをテーマにしたアフタヌーンティーメニュー

北海道のサクラをテーマにしたアフタヌーンティーメニュー【拡大】

  • アフタヌーンティーのメニューを考案したセバスチャンさん
  • タイ・バンコクのビジネス街に位置する「オークラプレステージバンコク」
  • 北海道のラベンダーをテーマにしたアフタヌーンティーメニュー
  • ホテルオークラアムステルダムの和食料理店「山里」。地元の味覚を学び、創意工夫をしている

 ■日本の四季、和洋融合を五感で味わう

 サクラの花が入ったマカロンや、ラベンダー入りのクリームロール…。タイ・バンコクにある「オークラ プレステージバンコク」は、日本の四季をテーマにした色鮮やかな洋菓子や花の香りを取り入れ、五感で楽しめるアフタヌーンティーを提供している。英国発祥の伝統を生かしつつ、和と洋を融合させた“ジャパンテイスト”が人気を呼び、国内外の観光客らの予約でにぎわっている。

 ◆国内外の観光客に好評

 「シェフ ハギワラ。これを食べてみてください」

 ホテルオークラ東京をはじめ、海外のホテルオークラで長年和食の道を究めてきた、オークラ プレステージバンコクの和食料理店「山里」の萩原繁料理長は、ペストリー部門の統括シェフ、セバスチャン・ホグワーフさん(34)から、ケーキやタルト、マカロンなどの西洋菓子に日本の食材を融合させた菓子の試食を求められた。萩原さんは「和の代表的なユズや抹茶などをどのように使えばよいかを学ぶ機会になったのでは」と話す。

 アフタヌーンティーのメニューを考案したセバスチャンさんはオランダ人で、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイやオランダ、フランスのホテルでシェフの経験がある。「このホテルで初めて、日本の食材と出会えた。それを洋食のペストリーに加えることにやりがいを感じた」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。