【人工知能時代を生きる】自動運転 難しい「命の優先順位」 (1/2ページ)

2016.3.22 05:00

低速で自動運転する小型電気自動車=北九州市の北九州産業学術推進機構

低速で自動運転する小型電気自動車=北九州市の北九州産業学術推進機構【拡大】

 ■人間が仕込む究極の判断

 かつては夢の乗り物といわれた自動運転車の実用化が現実味を帯びてきた。障害物を感知する技術や、道路状況を見極める人工知能(AI)の進歩は目覚ましく、日本自動車工業会は2030年までに人が運転に一切関与しない「完全自動運転車」の普及を見込む。交通事故の減少だけでなく、過疎地の高齢者向けの移動手段としても期待は高まるが、テクノロジーだけではクリアできない問題も、持ち上がっている。

 将来は完全自動運転車の開発を目指している北九州産業学術推進機構(北九州市)。研究に携わる大屋勝敬氏(55)は「暗闇で対象物を見分けるカメラも開発され、センサーの性能向上は日進月歩。技術的な課題はいずれクリアできる」と予測する。高速道路の逆走やアクセルとブレーキの踏み間違えによる急発進など、ヒューマンエラーによる事故の多くは根絶が可能になるとみる。

 一方で、大屋氏は「自動運転になれば事故は起きないというユーザーの思い込み」を懸念する。公道を走れば予測不能な事態は常に起き得る。急な飛び出しがあると、人と同じく自動運転車も止まることはできない。だが、当事者や社会は「機械による事故」をどこまで許容できるだろうか。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。