JPXと米S&Pダウが新株価指数、設備・人材の積極投資企業が対象

2016.3.23 23:27

 日本取引所グループ(JPX)と米S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは23日、設備投資や人材投資に積極的に取り組む企業を対象とする新たな株価指数を共同開発することで合意したと発表した。日銀が新たな枠を設けて、こうした企業の株式を対象とする上場投資信託(ETF)の買い入れを4月から実施するのに対応した措置だ。

 新指数の算出開始時期や算出概要などは、詳細が決まり次第公表するという。

 日銀は昨年12月、ETFの買い入れで新たに年間約3千億円の枠を設け、「設備・人材投資に積極的に取り組んでいる企業」の株式を対象とするETFの買い入れを今年4月から開始すると発表していた。新指数に連動するETFが設定されれば、日銀の買い入れ対象に加わる可能性がある。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。