【講師のホンネ】現状を受け入れる「諦める強さ」 つだつよし (1/2ページ)

2016.3.23 05:00

 僕が運営する「こころ応援塾」には多くの悩みを抱えた小中高生と、その保護者が「何かを変えたい」と来てくれます。そんな悩める子供たちが復活するために必要なものって何なのでしょう? それは、変わろうとする努力? 一歩踏み出す勇気? 気合と根性? 僕はそんなことではなく「諦めること」だと思っています。

 物事がうまくいかない、報われない、落ち込む、ふさぎ込む、孤独感、夢を描けない、生活が苦しい…生きていれば誰もが感じる時期があります。もちろん僕もそうです。そんなときに「このままじゃ駄目だ!」と無理にあがいてしまい…うまくいかずにさらに落ち込む…を繰り返す。

 悩む子供たちとの関わりを通して感じるのは、今、うまくいかないのは、うまくいかない時期。うまくいかせる心の準備ができていない状況。そんなときに何をやってもうまくいかないのは当たり前。実は、そんなときに必要なのは「諦める」ということです。「諦める」とは、現状を素直に受け入れるということでもあります。そして、現実から「逃げない」ことなのです。

 大型台風が来たとき、皆さんは無暗に外出しますか? 外出すれば川に流されたり、飛来物でけがをしたりします。うまくいかないときは、心の中がそんな嵐の状態なのです。行くべき方向すら雨と風で見えません。そんなときは、素直に今の自分の状況を受け入れ、前に進もうとせず、だからといって下がろうともせず、じっとその場で嵐が通り過ぎるまでただ逃げない。それが僕の言う「諦める」です。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。