オープンカーで「楽しさ」アピール ポルシェとマツダがNY自動車ショーで

2016.3.24 13:28

ポルシェのオープンカー、「718ボクスターS」=23日、ニューヨーク(ロイター)

ポルシェのオープンカー、「718ボクスターS」=23日、ニューヨーク(ロイター)【拡大】

  • ポルシェのオープンカー、「718ボクスターS」=23日、ニューヨーク(ロイター)
  • アウディが公開した「R8スパイダー」=23日、ニューヨーク(共同)
  • マツダが公開した「MX-5RF」(日本名ロードスターRF)=22日、ニューヨーク(共同)

 23日に開幕したニューヨーク国際自動車ショーで、欧州メーカーとマツダが「運転の楽しさ」を売りにしたオープンカーをそれぞれ披露し、注目を浴びた。米国の富裕層の間で安定した人気があり、各メーカーは「売れる台数が限られるが、利幅が大きく魅力的だ」と期待を込める。

 アウディは時速50キロ以内であれば走行中に屋根を開閉できる「R8 スパイダー」を初公開。ダイムラーが8月に発売する「メルセデス・AMG C63Sカブリオレ」は最高出力510馬力の4000ccエンジンを搭載し「抜群の走行性能を発揮する」と自信満々だ。

 ポルシェが北米で初公開した新型「718ボクスターS」は、時速60マイル(約97キロ)に4秒で到達する加速性能が売り。

 マツダは「MX-5」(日本名ロードスター)の屋根を電動で開閉できるタイプ「MX-5 RF」(日本名ロードスター RF)を出展。日本や北米、欧州などで順次売り出す。(共同)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。