日立とホンダ、酒気帯び判定でエンジンかからないスマートキー開発

2016.3.24 20:23

日立製作所とホンダが開発したスマートキーとして使える小型の呼気アルコール検知器=24日、東京都千代田区丸の内の日立製作所本社(会田聡撮影)

日立製作所とホンダが開発したスマートキーとして使える小型の呼気アルコール検知器=24日、東京都千代田区丸の内の日立製作所本社(会田聡撮影)【拡大】

 日立製作所とホンダは24日、車内に置くだけでエンジンがかけられるスマートキー機能のある携帯型の呼気アルコール検知器を開発したと発表した。運転手が乗車前に息を吹きかけると約3秒で成分を計測し、酒気帯び状態と判定するとエンジンをかけず飲酒運転を防ぐ。検知器は縦約10センチ、横約4センチ、厚さ約1センチの「手のひら大」で、重さは数十グラム。従来の車載型検知器の約50分の1まで小型化した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。