民間企業で初、マイナス金利で短期社債発行 借りる側が利息を受け取る異例の事態 (1/2ページ)

2016.3.24 21:52

 三井住友フィナンシャルグループ傘下の三井住友ファイナンス&リースは24日、償還期限が6カ月の短期社債(コマーシャルペーパー=CP)を年マイナス0.001%の利率で50億円発行することを決めた。お金を借りる側が利息を受け取る形で資金調達するのは、国内の民間企業で初とみられる。日銀が2月に導入したマイナス金利政策に伴う異例の事態だが、社債市場では今後、こうした動きが広がる可能性がある。

 三井住友ファイナンス&リースは28日にCPを発行する。市場から50億円を調達したうえで、投資家から半年間で2万5千円の利息を受け取ることになる。

 社債市場では、ファーストリテイリングやJR東日本の社債で、マイナス利回りの取引が成立したケースがある。だが、発行段階からマイナス利率を条件にしたのは今回が初めてだ。

 投資家にとっては、社債を期限まで保有した場合、確実に損をする仕組みだ。ただ、日銀は金融緩和の一環として、どんな利回りでもCPを買い入れている。マイナス利率の社債を購入し、さらに利回りが低下(価格は上昇)した時点で日銀に売却すれば、利益を得ることが可能だ。このため三井住友ファイナンス&リースは、一定の需要が見込めると判断し、発行に踏み切った。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。