サン電子株、ストップ高で取引終了 子会社がFBIに協力して好感、iPhoneロック解除問題で

2016.3.24 15:47

 24日の東京証券取引所で、ジャスダック市場に上場しているサン電子株が買われ、ストップ高で取引を終了した。米アップル社のiPhone(アイフォーン)ロック機能解除問題で、子会社のイスラエル企業が米連邦捜査局(FBI)の捜査に協力していると報じられたことが投資家に好感された。

 サン電子株は前日終値の745円に対し、この日はいきなり前日比105円高の850円と続伸で寄り付き、そのまま上げて午前9時20分すぎには150円高の895円とし、値幅制限いっぱいの高値をつけた。

 その後、少し上げ幅が縮小して再びストップ高に。買い気配のまま895円で取引を終えた。

 サン電子のイスラエル子会社はIT企業の「セレブライト」で、2007年にサン電子の傘下に入った。

 米アップルとFBIはiPhoneのロック解除問題で対立しているが、アップル以外の企業がFBIのロック解除作業に協力しているケースもあるようで、イスラエルのメディアがこの問題について、セレブライト社のことを報じている。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。