【トップの素顔】渡邊五郎 三井物産元副社長(24) (1/2ページ)

2016.3.25 05:00

 ■全盲のピアニスト、梯剛之氏を支援

 三井化学会長退任前後から、いろんなご縁をいただき、メーカーからIT企業まで社外取締役、諮問委員、特別顧問などを務めるオファーをたくさんいただきました。

 そのひとつ、1999年からダイキン工業がより広く外部の知恵、視点、人脈を経営に生かす制度として始めた経営諮問委員にならせていただいたことから、私としては珍しく文化的なお手伝いもさせていただいたことがありました。

 ◆NY公演が大成功

 ダイキンは毎年1回、保養所「ダイキン オー・ド・シェル蓼科」(長野県茅野市)で音楽会をやっていますが、世界で活躍のブーニン、五嶋みどり、五嶋龍に加えてそこに全盲のピアニスト、梯(かけはし)剛之氏が招待されたことがありました。素晴らしい演奏に感動していましたら、その後、梯氏の関係者から、彼をアメリカデビューさせたいとの話が持ちあがりました。

 それならニューヨークのカーネギー・ホールがいいと思い、さっそく当時、カーネギー・ホールの理事長だったサンディ・ワイル氏に連絡を取りました。サンディ・ワイル氏はシティグループ会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるなど辣腕(らつわん)経営者として知られていますが、私と一緒にデュポンの取締役でした。日本が大好きな方です。「何がそんなに、日本があなたを魅了するのか」と聞くと、「クオリティー・オブ・ピープル」と即答してくれました。日本人を高く評価してくれていたので、とてもうれしかったのを覚えています。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。