世界で“監視の目”光らせるパナソニック 海外でも技術に高い評価 (3/4ページ)

2016.3.27 17:10

パナが北米の警察官向けに販売する小型ウエアラブルカメラ。胸部に装着し、撮影した映像を通じて行動の監視や正当性を証明する

パナが北米の警察官向けに販売する小型ウエアラブルカメラ。胸部に装着し、撮影した映像を通じて行動の監視や正当性を証明する【拡大】

  • パナソニックは北米の警察向けに車載カメラと映像用レコーダー、頑丈なパソコンなどを組み合わせたシステムを販売。高い評価を得ている
  • パナソニックは北米の警察向けに車載カメラと映像用レコーダー、頑丈なパソコンなどを組み合わせたシステムを販売。高い評価を得ている
  • パナソニックが開発した、小型無人機「ドローン」を検知するシステム。下は旋回型カメラ
  • パナソニック独自の「MOR技術」はプライバシーへの配慮から、映像中から人の姿を消したり、半透明にしたりすることができる

 担当者は「予期せぬドローンの飛来を早期に見つけることにより、警戒態勢を整えられる」と説明する。

 ドローンは災害時やビジネスなどでの用途拡大が期待される一方、昨年4月に首相官邸にドローンが落下した事件が起きるなどテロや盗撮などへの悪用の懸念は強く、「ドローン対策のニーズは高まる」(同担当者)とみて、重要施設を多く抱える官公庁や警備会社などに売り込みを図る。

 海外で高評価

 パナソニックのセキュリティー事業は海外でも高い評価を得ている。北米ではパトカー向けの車載カメラと映像用レコーダー、頑丈なパソコンなどを組み合わせたシステムを警察に納入しており、昨年11月には警官が身につける小型ウエアラブルカメラも発売した。

 米国では昨年8月に白人警察官が黒人青年を射殺する事件が発生。警察官の職務遂行への市民の目は厳しくなり、「警官の行動を監視したり、正当性を証明するニーズが高まっている。警官自身を守るためにも小型ウエアラブルカメラが重要」(セキュリティシステム事業部の高桑誠電気技術部部長)になっていることが背景にあるという。

カメラで撮影した映像は無線LANを通じて、緊急車両に…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。