「スバリスト」2500人が熱い交流 富士重工で初のファンミーティング

2016.3.28 06:28

「スバルファンミーティング」では歴代のラリー車なども展示されて多くのスバリストの注目を集めた=27日、栃木県佐野市のスバル研究実験センター

「スバルファンミーティング」では歴代のラリー車なども展示されて多くのスバリストの注目を集めた=27日、栃木県佐野市のスバル研究実験センター【拡大】

 富士重工業は27日、栃木県佐野市のスバル研究実験センターで、顧客らを招いたイベント「スバル ファンミーティング」を開いた。約3500件の応募から抽選で、約1000台2500人が参加。主要車種の開発責任者らとの交流会や歴代の名車の展示に、会場はスバル車を愛する「スバリスト」の熱気に包まれた。吉永泰之社長は会場で記者団に「技術陣もファンの意見を聞き、良い刺激を受けた」と語った。

 同社初となるファンミーティングは、昨年4月にブランド力強化を目指して新設したスバルネクストストーリー推進室が企画。通常は非公開の研究実験センターを顧客に開放し、交流会や展示のほか、テストコースで社内ドライバーの走行の同乗体験などを実施した。

 イベントの最後には集まったファンが愛車でコースをパレード。スバル車を約50年乗り継ぐ埼玉県久喜市の男性(76)は、1966年に販売が始まった水平対向エンジン搭載の「スバル1000」で参加し、「スバリストの仲間と一緒に走ることができてうれしい」と話した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。