鴻海出資1000億円減額、月内契約へ シャープ、条件修正受け入れ (1/2ページ)

2016.3.28 06:14

 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業による経営再建中のシャープの買収をめぐり、シャープが当初の出資額4890億円から1000億円程度減らす条件修正を受け入れる方針であることが分かった。両社は30日に取締役会を開く。鴻海が決議すれば、31日にも契約を結ぶ方向だ。

 シャープ支援問題は、鴻海が政府系ファンドの産業革新機構との買収合戦を制したが、交渉最終盤で浮上したシャープの財務リスクをめぐり1カ月の「延長戦」になだれ込んだ。異例続きの展開をたどり、買収条件で鴻海に大幅譲歩して決着することになりそうだ。

 関係者によると、鴻海は出資時のシャープ株式の買い取り価格を引き下げる。約66%を保有する親会社となる計画は変えない。契約後に買収が実現しない場合に備えた1000億円の保証金は、鴻海が撤回を求めていたが全額支払いに応じる。

3月末に期限を迎える5000億円規模の融資は…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。