ファミマが海外配送事業に参入検討 まず主力の台湾から、日本郵政と連携

2016.3.28 11:03

 ファミリーマートが日本郵政グループと連携し、海外の配送事業への参入を検討していることが28日、わかった。国内のファミマ店舗で荷物を預かり、海外のファミマの店頭で受け取れる独自のサービスが柱。平成28年度中に、約3千店ある台湾向けのサービスから導入を始める方針だ。

 主に、増加している訪日外国人観光客が大量に購入した土産物を母国の店頭で受け取ることといった利用を想定している。訪日客の利便性を高めることで、店舗の利用につなげ、売り上げの増加などに結びつけたい考えだ。台湾向けのサービスの状況を見て、タイや中国などへの展開も検討を進める。

 ファミマの店舗が荷物の預かりと受け渡しの拠点で、国内から海外までの物流は、日本郵政グループが担当する。料金など詳細なサービスについては今後詰める。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。