江戸切子をイメージした銀座最大級の商業施設が内覧会 東急プラザ銀座

2016.3.28 17:01

高さ27メートルの吹き抜けが広がる6階の「キリコラウンジ」=28日午前、東京・銀座(荻窪佳撮影)

高さ27メートルの吹き抜けが広がる6階の「キリコラウンジ」=28日午前、東京・銀座(荻窪佳撮影)【拡大】

  • 東京・銀座に今月31日オープンする「東急プラザ銀座」=28日午前、東京・銀座(荻窪佳撮影)
  • 屋上に設置されたキリコテラスのうち、広い水盤を配した「ウォーターサイド」=28日午前、東京・銀座(荻窪佳撮影)
  • 地下1階のエントランス=28日午前、東京・銀座(荻窪佳撮影)
  • 2~3階に三菱電機グループが開設するイベントスクエア「METoA Ginza」には横幅19.4メートルの大型映像システム「メトアビジョン」が設置され、美しい映像が楽しめる=28日午前、東京・銀座(荻窪佳撮影)
  • 2~3階に三菱電機グループが開設するイベントスクエア「METoA Ginza」には横幅19.4メートルの大型映像システム「メトアビジョン」が設置され、美しい映像が楽しめる=28日午前、東京・銀座(荻窪佳撮影)

 東急不動産は28日、東京・銀座5丁目の数寄屋橋交差点前に31日開業する大型商業施設「東急プラザ銀座」(地上11階、地下5階建て)の内覧会を開いた。英旅行かばん「グローブ・トロッター」など日本初出店の11店を含む125店が出店。銀座エリア最大級の商業施設として新たなランドマークとなるよう、集客を図っていく。

 東急プラザ銀座は、伝統工芸品「江戸切子」をイメージしたガラス張りの外観が特徴。訪日観光客向けに都内最大となる韓国ロッテの空港型免税店も入居するほか、東急文化村などが日本文化を発信するイベントを定期的に開く予定だ。

 1階には、オーストラリアで人気のミニバーガー「スライダー」などが楽しめるカフェも設ける。

 1~3階に設けられた三菱電機のイベントスクエア「METoA Ginza(メトア ギンザ)」も公開された。2階には、64面液晶マルチディスプレー(幅19.4メートル、高さ2.7メートル)による大型映像システム「メトア ビジョン」を設置。花をテーマに、3組の著名なフラワーアーティーストと映像クリエーターがコラボした高精細の4K映像が6月28日まで披露される。

 また、3階には画像認証技術を使い、人間の動きに応じて画面中の花が動くデジタルサイネージなどを展示。1~3階をつなぐエレベーターには高品質スピーカーを搭載し、水などの環境音を臨場感たっぷりに再現した音響が体験できる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。