ドコモ「iPhoneSE」の割引額引き下げ 総務省の指摘受け「実質0円」回避 (1/2ページ)

2016.3.29 06:15

 NTTドコモは、31日に発売する米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)SE」の割引を一部変更すると発表した。25日に発表した割引を適用すると、従来型携帯電話から契約変更する利用者は「実質0円」としていたが、総務省からの指摘を受けて急遽(きゅうきょ)、変更したという。

 アイフォーンSEは、小型で持ちやすい4インチの画面サイズが特徴で、基本性能は2015年9月発売の「6s」と同等。24日から予約を受け付けている。25日までに各社が発表した販売価格は、記憶容量16ギガ(1ギガは10億)バイトのモデルの場合、2年契約前提で受けられる割引額を値引いた実質支払総額で、ドコモは1万368円、ソフトバンクとKDDIは1万800円(いずれも税込み)。

こうした動きに逆行するドコモの価格設定に、総務省が反応

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。