【アクティブシニアが輝ける場を】(4-1) (1/2ページ)

2016.3.30 05:00

 □ロゼッタホールディングス会長兼社長・飯田正己氏に聞く

 女性を主体としたアクティブシニア向けに、イベントや会員サービス、出版事業など多彩なビジネスを展開しているロゼッタホールディングス。2015年には老舗宝石メーカーの三貴の経営に参加、また、今年1月にはフランチャイズチェーン(FC)展開を念頭に置いたセレクトショップを立ち上げるなど、アクティブシニアが活躍できる機会の創出に力を入れている。グループを率いる飯田正己会長兼社長は、リスクや逆境をポジティブに捉え、それを成長の原動力に変えてきた人物で、「アクティブシニアを元気にしたいという強い信念をもってビジネスを進めています」と話す。

                   ◇

 ■義理・人情・思いやりを大事にしたい

 ◆会員向けに交流会や出版事業

 --ホールディングカンパニーの傘下に数社の事業会社をもって、アクティブシニアの応援に力を入れています。その狙いは何ですか

 「傘下の事業会社である『Shunka(しゅんか)』などを通じて、アクティブシニアを応援する事業を展開しています。高齢化社会を迎えている日本では、現在、さまざまな企業がアクティブシニアの取り込みを検討しています。ただ、その大半は企業イメージの向上や企業戦略上、老人介護施設をつくったり、身体の不自由な老人を大事にしていますというのが多いですが、私はそんな企業イメージのアップ、すなわち好感度をあげることはしたくありません。それよりも、小学校低学年の頃に体験した『古き良き時代』の日本の環境が好きなので、昔の日本人の義理・人情・思いやりを重んじながらシニア層に対して何かできないかと考えてShunkaを設立しました。Shunkaは会員組織である『Hana倶楽部』を運営し、会員向けサービスとしてイベント交流会や出版事業などを手掛けています」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。